話題のアノ車種も1万円!?人気の軽自動車が月々1万円から乗れるオニキス茂原店のフラット7!

お気軽にお問い合わせ下さい。 営業時間:AM10時~PM8時まで 定休日:毎週水曜日 TEL:0436-43-1711

スピードメーターについてお話します

みなさん、こんにちは。
フラット7松戸店です!

今日はクルマのお話しを・・・
日本の高速道路の法定速度は100km/hですが、なぜ国産車の普通車はスピードメーターが180km/h以上、軽自動車は140km/h以上まであるのか疑問に思ったことはありませんか!?

180km/hなんて出す事のないスピードですが、180km/hまでメーターが表示されているのには理由があります。

その①:もしもの時のため
落石をはじめ、緊急時に制限速度以上のスピードを出して危険な状況を回避する必要がある場合も想定されるので、危険回避を目的として法定速度以上の速度が出るように設計されているとのことです。

その②:ドライバーにスピードを自覚させるため
スピードメーターにはドライバーにスピードの出し過ぎを自制させる役目があります。
法律上は違反ですが、実際の高速道路では100km/h以上で走る車はたくさん存在します。
しかし150km/hを超えるような車はあまり見かけませんよね!?これはスピードメーターが心理的にドライバーに自制心を働かせているからとの事です。
仮にスピードメーターの表示が100km/hまでだとすればドライバーは体感のみでスピードを判断することになります。
そうなれば事故の確率が高くなってしまうため余分に表示されるよう設定されているそうです。

その③:国際競争力のため
日本の法律では、公道以外のサーキットや私道ではルール上速度制限はありません。
国によっても法定速度は異なります(※特にドイツの高速道路アウトバーンは速度制限なしで有名ですよね。)が、多くの自動車メーカーがグローバル展開をしています。

国や利用シーンによってそのたびにメーター変更対応をしているとコストがかかってしまい、それが原因で国産車が世界で売れなくってしまう可能性があるため世界基準に設定をしているとの事です。

いかがですか?
色々理由があるんですね!!
みなさん、スピードの出しすぎは禁物ですよ!!!21430591_496925554003068_2747227453706456088_n